お問い合わせ ホーム
三田文学について 雑誌紹介 その他の刊行物 オリジナルグッズ 会員募集 定期購読のご案内 広告主募集 イベント
 
「三田文學」バックナンバー
三田文学新人賞
同人雑誌評
編集部特別企画
 創刊号~昭和19年10・11月号合併号の「三田文学」をオンラインでご覧いただけます。
ぜひ、トライアルでお試しください。


 

三田文学編集部
〒108-8345東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学内
mitabun@muse.dti.ne.jp

 

三田文学
  No.150(2022年夏季号)


2022年7月11日発売

   定価1000円(税込)

  関連項目

三田文学名作選

三田文学創刊100年展図録

三田文學総目次
■巻頭詩
鳥の即興 松本邦吉
■小説
マルタの犬 庵原高子
わんにゃっこ 高田朔実
■詩
風の匂いを四人で嗅ぐ 大崎清夏
■対談
詩を教わることはできるのか――詩との出会いから、中也賞受賞まで 國松絵梨×小島日和
[司会]岡英里奈
■評論
未来の不確かさについて トーマス・ブルスィヒ
[訳]粂川麻里生
■特集 賢治曼荼羅
■対談
賢治曼荼羅 「ほんたうのさいわひ」は今 ロジャー・パルバース×鎌田東二
[司会]粂川麻里生
■戯曲
パルバース版 銀河鉄道の夜 ロジャー・パルバース
■特集 ウクライナ・ロシアからの声
■評論
「希望の灯(ハイ・ジヴェ・ナジーヤ)」という歌について 原田義也
ロシアとウクライナの作家マルコ・ヴォフチョクについて 越野剛
ウクライナ──自由こそ我らの信仰 アンドリイ・ナコルチェフスキー
[訳]松村美里
■2022年2月24日のロシアによるウクライナ侵攻以降に書かれた詩 [訳]原田義也
2022年2月25日 アレクサンドラ・スミリャンスカヤ
2022年2月25日 ユリヤ・バトキーリナ
2022年3月5日 ナーストカ・フェドチェンコ
■追悼・坂本忠雄
悠々と長閑に――坂本忠雄さんの思い出 岳真也
坂本忠雄・没 髙橋勇
遠ざかる「巨人」の足音 粂川麻里生
■学生創作セレクション13
汝、むさぼるべからず 藤本琉平
解説 粂川麻里生
■連載
動かぬ時の扉 [第二回] 辻仁成
父と子 ――家康と信康(四―最終回) 岳真也
琉球弧歌巡礼(りゅうきゅうこうたじゅんれい) [第四回]吉屋物語(ゆしやむぬがたり) 宮沢和史
インティマシーの倫理 [第五回]セカイと無世界主義的な愛 山内志朗
■浅草の笑い[第五回]
浅草芸人盛衰記 キネマと菊人形 岡進平
大上こうじの浅草21世紀と浅草 大上こうじ
■文芸時評[第五回]
文学の境界線(ボーダーライン)  〈父〉の不在と母系の呪縛を超えて 仲俣暁生
予言と言霊   出口王仁三郎と田中智学の言語革命[第九回] 鎌田東二
■短歌/随筆
歌評たけくらべ[第三回] 水原紫苑×川野里子
■俳句/随筆
融和と慰謝の俳句[第二回] 髙柳克弘
■映画評
電影的温故知新 [第十六回] 佐藤元状
■書評
パトリック・マッケイブ『ブッチャー・ボーイ』(矢口誠 訳) 原田範行
針谷卓史 『前夜祭』 都築隆広
吉増剛造『詩とは何か』 國松絵梨
ファビオ・スタッシ『読書セラピスト』(橋本勝雄 訳) 巽孝之
マリオ・バルガス=リョサ『ケルト人の夢』(野谷文昭 訳) 河内恵子
新 同人雑誌評 加藤有佳織/佐々木義登
ろばの耳 八木雄二
■格非『桃花源の幻』(原題・『人面桃花』、関根謙訳)刊行記念イベント
追憶の旅――未来へ失われた時間をつなげて 生田直治
著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー | サイトマップ