お問い合わせ ホーム
三田文学について 雑誌紹介 その他の刊行物 オリジナルグッズ 会員募集 定期購読のご案内 広告主募集 イベント
 
「三田文學」バックナンバー
三田文学新人賞
同人雑誌評
編集部特別企画
創刊号〜昭和19年10・11月号合併号の「三田文学」をオンラインでご覧いただけます。
ぜひ、トライアルでお試しください。


 

三田文学編集部
〒108-8345東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学内
mitabun@muse.dti.ne.jp

 

▼「新 同人雑誌評」は、文藝春秋社から刊行されている文芸誌「文學界」の2008年12月号で、57年間つづいた「同人雑誌評」が終了したことを受けて、それを引き継ぐかたちで新しく対談形式ではじまりました。


▼「三田文學」の新 同人雑誌評で選ばれた最優秀作は、半期ごとに「文學界」に掲載されます。

●同人雑誌募集●

同人雑誌を発行ごとに「三田文學」編集部(下記の住所)まで、
3部お送りください。

〒108-8345
東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学内
「三田文學」編集部 同人雑誌評係

これまでに
取りあげられた作品

No.148(2022年冬季号)
No.147(2022年秋季号)
No.146(2021年夏季号)
No.145(2021年春季号)
No.144(2021年冬季号)
No.143(2020年秋季号)
No.142(2020年夏季号)
No.141(2020年春季号)
No.140(2020年冬季号)
2019年(No.136〜No.139)
2018年(No.132〜No.135)
2017年(No.128〜No.131)
2016年(No.124〜No.127)
2015年(No.120〜No.123)
2014年(No.116〜No.119)
2013年(No.112〜No.115)
2012年(No.108〜No.111)
2011年(No.104〜No.107)
2010年(No.100〜No.103)
2009年(No.97〜No.99)

◆ No.152(2023年冬季号)で取りあげられた作品
・夏当紀子「夜明けの晩をゆらゆらと」(「飢餓祭」Vol.49、奈良県大和高田市)
・早高叶「鳥玉響」(「カム」Vol.20、大阪府西宮市)
・立石富生「それだけの生」(「火山地帯」206、鹿児島県鹿屋市)
・稲葉祥子「日本語練習帳――受身形/実は/ひらがな」(「雑記囃子」27号、兵庫県伊丹市)
・佐伯厚子「遠い入道雲」(「樹林」Vol.685、大阪市中央区)
・小松原蘭「希望の轍」(「遠近」第80号、横浜市青葉区)
・中野真「ノッキング・カズ」(「P.」40号、三重県四日市市)
・新井伊津「真金吹く」(「六伽士花史」第二号、岡山市北区)
・中小路そら「髪結いお袖」(「組香」第七号、大阪府岸和田市)
・篠原紀「大晦日」(「創作」T、神奈川県大和市)
・中島隆「いつか飛ぶだろう」(「雑記囃子」27号、兵庫県伊丹市)
・吉永ケイト「なんだポトスじゃないか」(「P.」41号、三重県四日市市)
・森上晶「あなたはどうして、ここにいるの?」(「樹林」Vol.685、大阪市中央区)
・宮内はと子「みわの光」(「カム」Vol.20、大阪府西宮市)
・篠原紀「超能力」(「創作」U、神奈川県大和市)
・三上弥栄「犬と暮らしたい人」(「星座盤」Vol.16、大阪府摂津市)
・新荘直大「がぶがぶ人間盛衰記」(「駒場文学」95号、横浜市都筑区)
・は水田まり「ピンクのワンピース」(「中部ぺん」第29号、名古屋市千種区)
・春木静哉「渇水」(「こみゅにてぃ」第114号、東京都千代田区)
・藤岡真衣「綿入れさん」(「樹林」Vol.685、大阪市中央区)
 
著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー | サイトマップ